So-net無料ブログ作成
検索選択
1/24 ブルーティシュドッグP ブログトップ
前の3件 | 次の3件

1/24ブルーティシュドッグ #12 ~下半身ほぼ完成~ [1/24 ブルーティシュドッグP]

◆AKB48の
ニューシングル「#好きなんだ」のMV観ました。
まあさすがに「Everyday、カチューシャ」や「真夏のSounds good !」の時のような勢いはありませんけど、久しぶりに爽やかな夏うたなんじゃないかなぁと思いますよ。

まあそんなことはいいんですが、今週はちょっと涼しいんで今のうちに面倒な工作はこなしておきたいところ。
連日コツコツ作業を積み重ねてました。

brutishdog-p170804 (1).JPG

腰アーマーの接続パーツは、こんな感じで成形。
最終的に接着するんで、接着面は真っ平らにしておかないといけません。

そして脛パーツの合せ目消しと仕上げ、腿パーツの合せ目消しを経て、下半身はほぼほぼ完成です。

brutishdog-p170804 (2).JPG

このくらいガニ股にできればオケーでしょう。
細かい部分は、

brutishdog-p170804 (3).JPG

膝アーマーのフィン部分は、ちょこっと削って、0.15㎜のプラ板で合せ目を隠してみました。
どーなんだろ…?そんなに簡単にできるわけでもないんでアレですが、フィン部分を開口して新造するよりは簡単ですかね。
塗装してみてイマイチなら、次回からはフィン自作をデフォにします。

brutishdog-p170804 (4).JPG

アキレス腱のところの装甲板は、タイヤに干渉するのでプラ板でそれらしいカタチを作って塞ぎます。

brutishdog-p170804 (5).JPG

ちょっと出っ張らせて、あえてツライチにしないのがちっちゃなこだわりですw

そして忘れちゃいけないのが膝アーマー裏。

brutishdog-p170804 (6).JPG

ここは塞がないといけませんが意外に面倒くさい部分です。

と、だいたいこんな感じの下半身。
あとは関節部のキツさを調整しておしまい。

これで、腕、脚部、胴体はできました。
あとはアタマとバックパックを加工すれば工作は完了。

ようやく見えてきた気がします。
まだまだ頑張るぞ~。

◆明日は
RRMの下期の総会。
メンバーそれぞれの役割や持参物を確認して、展示会に向けての本格的な準備に入ります。
そして午後からは制作会。

ぼくは仕事なので総会にしか出られませんが、涼しい公民館でみんなとワイワイ作るのは楽しいんですよね。
制作会は午後1時からですので、お暇な方は是非遊びに来てみてくださいね♪


スポンサーリンク





nice!(1)  コメント(2) 

1/24ブルーティシュドッグ #11 ~8月突入!~ [1/24 ブルーティシュドッグP]

◆光のような
速さで7月が終了し、8月に突入しました。
8月といえば、

RRM10thEX WEBポスターmini.jpg

いよいよ第10回RRM展示会の受け付け開始!
いつもなら初日は5、6名の申込みくらいなので、のんきに構えてたんですが、今年は40名以上の方に申し込みいただき、月初の仕事と相まっててんやわんやに…。

受け付け3日めにして昨年の半数以上のモデラーの方々にエントリーしていただきました。
嬉しい悲鳴です。喜んで徹夜してでも登録や準備を頑張りますよ!

RRM展示会の会場はだだっ広いのが取り柄です。
まだまだスペースには余裕がありますので、迷ってる方は是非来てくださいね!

170802RRM10thEXポスター.JPG

紙のポスターの方も上がってきて、チラシともども今週末から各方面に貼り出されます。
どうぞ宜しくお願いします♪


◆と、そんな
感じでエントリーの手続きはぼくがやっているわけなんですが、参加モデラーの錚々たる顔ぶれに気が引き締まる思いです。制作の方も頑張らねば!!

というワケで、地味にブルタコの進捗状況です。
膝の関節のパーツを加工。

brutishdog-p170727 (3).JPG

脛パーツ側の接続部を切り離し、1㎜のプラ板に3㎜径のABS棒をセット。
ABS棒は先端を炙ってくさび形にして抜けないようになっています。
そこに1㎜のプラ板を貼って、プラセメントをべっとり塗ってパーツに接着。
絶対に取れないようにするのが最重要です。

腿側の接続部は時短のためオミットし、そのまま組みます。
なので、先に腿パーツに股関節の受けを仕込まないといけません。

brutishdog-p170727 (1).JPG

まず関節の穴は可動範囲拡大のため大きく開口。
リューターでちょいちょいです。

で、エポパテをコネコネして、6㎜のボールジョイントをこんな感じでセット。

brutishdog-p170802 (3).JPG

角度大事です。
たぶんこんな感じでオケーでしょう(←テキトーw)

で、こんな感じになりますよ。

brutishdog-p170802 (4).JPG

このパーツはプラセメントをたっぷり塗って現在硬化待ち。
その間に腰アーマーの接続部を作ります。

brutishdog-p170802 (2).JPG

1㎜のプラ板に1.5㎜の角棒をセット。
接着剤が乾いたら整形していきます。

今夜は脛パーツの合せ目消しかな。
膝アーマーのフィンのところはどうしようかなぁ…

なんか完成が遠いですねぇ…w
お盆までには何とか完成まで持っていきたいなあなんて思ってます。


スポンサーリンク






1/24ブルーティシュドッグ #10 ~股関節~ [1/24 ブルーティシュドッグP]

◆最近
「過保護のカホコ」っていうドラマにハマりました。
バラエティか刑事、サスペンス系のドラマばっかりのぼくにしてみたら珍しいジャンルなんですけど、とにかく面白い。続きが気になる今日この頃ですw

さて、ブルタコの方ですが、現在ヒザ関節を作っています。
が、接着剤が硬化しないと進められないので、先に股関節を作ります。

前回のスコープドッグの反省点を活かし、関節位置は下に若干下げるのみ。
ここだけを注意して、ふたたび股関節を作っていきます。

brutishdog-p170727 (2).JPG

こんな感じ。
最近スペース稼ぎに頻繁に登場するエバグリの角パイプ。
かなり便利なんで在庫を補充しておきたいなぁと思うと、このへんで売ってないという…。
とにかく便利なんで、どこかで見つけたらGETすることにしましょう。

この状態で、関節の位置は2、3㎜くらい下がってます。
中央に4㎜のポリキャップを入れ込んで、真鍮パイプを通します。

brutishdog-p170727 (5).JPG

根元をちょっと丸バーニアで隠して、真鍮パイプの両端に6㎜のボールジョイントをセットして完成。

brutishdog-p170727 (6).JPG

こんな感じになってます。
ここはもうちょっとペーパー掛けて完成。
まあ見えないところなんでね。簡単に。

この股間部分を腰のパーツにガッチリ接着したらここの部分はおしまいです。
だんだんコツが掴めてきたので、このあたりの作業はスムーズです。

で、腿パーツに仕込む6㎜のボールジョイントのメスが痛恨の在庫切れという事で、昨日ヨドで買ってきました。
waveのボールジョイントは旧キットモデラーには必須のアイテム。思ったよりも多めにストックしておかないといざという時にアレですからね…。

次回はヒザ関節の加工。
初めての作業なんでちょっとドキドキですw


スポンサーリンク





前の3件 | 次の3件 1/24 ブルーティシュドッグP ブログトップ